最新のトランシーバー情報まとめ

トランシーバーの調子が悪い際に、まずチェックしてみるべきポイントと対処方法です。
故障かなと思われる症状が出ている場合、原因として最初に疑うべきなのはバッテリー周りのトラブルです。
まずは充電が充分にできているかを確認します。
何らかの理由で充電が不足している場合は、電源を入れることができない等のトラブルが発生することがあります。
バッテリーに異常がない事が分かったらその他のよくある原因について切り分け、改善を図ります。

トランシーバーの調子が悪い時の確認事項

トランシーバーの調子が悪い時の確認事項 電源が入らない等でトランシーバーの故障が疑われる場合、原因として多いのがバッテリー周りのトラブルです。
そもそもバッテリーは消耗品であり、少しずつ劣化していって最終的には使用できなくなっていきます。
バッテリーの劣化が原因の場合は、正常な物と交換することで元通り使えるようになります。
その他、電池と充電器部分の端子が汚れるなどしてそもそも充電ができていなかったり、電池と本体の接触が悪くなっているとトランシーバーは正常に作動しないことがあります。
バッテリー周りの確認が終わってもトランシーバーの症状が改善しない場合、原因は他にあるとわかります。
トランシーバー本体に接続しているものがある場合は全部外したうえで動作を確認します。
無線のチャンネル等に誤りがないかをチェックし、ボタンの陥没や変形、アンテナの破損などの異常がないかを調べます。
これらの手順で症状の改善ができない場合は本格的な故障が疑われます。

トランシーバーに取り付けるスピーカーについて

トランシーバーに取り付けるスピーカーについて スピーカーマイクというとどのようなものを想像しますか。
よく警察官や消防士が肩にかけて使用しているのを見かけるのではないでしょうか。
このマイクを使用する事で重たいトランシーバー本体を持たずに済みます。
有ると便利なアイテムだと言えます。
様々な種類のスピーカーマイクがあります。
ジャックの形が違う無線機には当然使用する事は出来ませんし、ピンジャック以外の部分が違う場合がありますのでご自身が使用する無線機にあったマイクを装着するようにしましょう。
誤って装着すると故障の原因にもなりますので十分に注意する必要があります。
今までの使用した経験でいうとPTT(送信ボタン)の評価で1番良いと感じたのがicomHM-186LSです。
押しやすいという所とピンの種類がたくさんあるので、合うものが見つけやすい所が良かったです。
スピーカーの音量に関して良かったのがYAESUMH-73A4Bです。
マイクは消防無線機にも使用されるほどの防水性能を兼ね揃えています。
人によっても感じ方は変わってくるかもしれませんが、自分の目的にあったものを選ぶのが良いかもしれません。
個人的に必要になるというよりも、トランシーバーなどは業務で必要になる事が多いかもしれませんので口コミやレビューなどもしっかりと参考にすると更に良いでしょう。

トランシーバーの情報サイト

トランシーバー レンタル